上海リニア2005/11/29 00:49

上海リニア(上海空港駅)2005年11月24日撮影

 乗ってみました。

 大連から広ーい上海空港に到着。広ーい上海空港をトコトコ歩き預けた荷物を受け取り、さらにトコトコ歩くと「Maglev Entrance」磁気浮上車駅入口(たぶん(^^;)。

 駅台(ホーム)におりると対向ホームの向こう側に一編成停車中。一度引き上げこちら側に入線。音は静か。扉が一度外に飛び出し横にスライドし開いた。

 NEXのようにデッキ脇には荷物スペースがある。シートは背もたれの転換はなく固定。この配置はNEXとは反対で車両の真ん中が背中合わせ。シートの配列を把握できず、後ろ走行の場所に座ってしまった(^^;

   いつの間にか静かに発車。在来新幹線とさほど変わらず、時速300キロへ。そのままさらに加速、少々揺れが気になる時速400キロ。さらに時速430~1キロ。ちょっと揺れますねぇ。気になりますがどんなものでしょうか。今回は高速でのすれ違いもあり音にビックリ。

 空港から市内までの30キロ7分20秒の乗車時間あっという間に市内の龍陽路駅に到着。

 上海リニアはモノレールの様にガイドレールを抱え込んでいる形です。一見、愛知博のリニモのような感じ。出発時から1センチ浮上してスタートするらしいのですが、最高速時はどのくらいの高さで浮いているのでしょうかねぇ。

 上海駐在の方に聞くと、埋め立て地に建設され地盤も心配だし、こちらの日本人は怖いから誰も乗らないと少しオーバーに言っておりました。

 乗客は海外からの観光客か中国のお登りさんばかりが目についたのは確かでした。乗るなら今のうち?(^^;

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://k-waka.asablo.jp/blog/2005/11/29/159222/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。