デッドニング2007/04/22 08:19

穴をふさいで、、、(カインズホーム)2007年4月21日撮影
穴をふさいで、、、(カインズホーム)2007年4月21日撮影

 お天気の良い、昨日、近所のホームセンターでこんな事をしてきた。(久しぶりの車いじり)

 エーモンという自動車用品会社のイベントだったのですが、ホームセンターで部材をお安く購入し、作業手順の説明を受けながら自分で作業するという販促イベントに参加してきた。

 デッドニングとは、車のドアなどについているスピーカーの音を良くするため、制振シートや防音シートを使って、ドアなどの共振や音漏れを押さえること。

 興味はあったのですが、いきなりひとりだと、なかなかできない作業なので、この企画とてもありがたかった。

 ○ドアの内張をバリバリっと思い切って剥がす
   >思い切ってやって平気ですと背中を押してもらいました。
    これが意外に心強い(^^;

 ○防水用のビニールシートを剥がす

 ○そのシートをドアに貼り付けていた粘着性の高い油脂を
  全て拭き取り、(これが一番大変)
   >たぶんもっとも作業時間がかかったのが最初のドアのこの作業。
    へらとガムテープが便利というアドバイスが的確。
    作業効率飛躍的に改善。
    ホンダ車はこの油脂が柔らかく量も多いとのこと、
    防湿のためらしいので、穴をふさぐのもしっかりしておかないとね。

 ○制振シート、防音シートを貼って、穴や隙間を埋めます。
   >しっかり圧着がポイントらしい。なかなかこれが難しい。
    後で中で剥がれてもやっかいなので、しっかりしたつもり(^^;

 ○内張をもう一度貼って終了。

 右側3時間、左側1時間半
 二枚目のドアの時は、油脂剥がしも要領を得、右ドアに貼ったシートのシールを剥がした紙を裏返せば、左ドア用の型紙になるので、これも効率よくなった。

 お天気にも恵まれ日、10:00から16:00まで、、、少々焼けたかな。
確かに音がビリビリしなくなり満足です。いつもよりボリュームを上げて帰ってきたのでした。

 作業のために貸してくる工具や提供してくれる消耗品などを自分で用意するとなるとバカになりませんし、状況に応じたアドバイスも助かりました。私のように自分でやってみたいけど、いま一歩踏み出せない人のために、この企画、とても良かったですね。帰りにお土産までいただきました(^^;どうもありがとうございました。

 できれば、最初に簡単で結構なのですが、作業手順を一通り説明をしてくれるとありがたかったかな。そのくらいかな。

 もう、内張を剥がすのは怖くありません(^^;

 あ、そうそう、開発の方、LEDボンネットライト期待してまぁす(^^;

SPIKE君近況 特に変化なし(^^;2006/07/19 17:53


 ちょっと遠乗りしたので、そろそろタイヤローテーションの時期かな?

ほしいもの
 1.早くこのタイヤをすり減らして、冬用タイヤに替えて、
   アルミを追加したい。
 2.夜高速に乗るとフロントガラスに虫が一杯つくので、
   ボンネットスポイラー
   http://www.aero-tech.co.jp/garage-file/R-MOBILIO-Spike.html
   前期用かぁ、
   ボンネットのフロントウインドウ側の形状はたぶん
   変わらないよなぁ~。ダメ元で注文してみるか(^^;
 3.前に乗っていたアコードのようにバックソナーがを
   付けたい。カメラで映像が出るのですがピッピッと
   言う音がほしい。

SPIKE君近況 デイライト取付2006/05/28 16:59

バンパーを留めている箇所(赤>ビス 黄>簡易リベット 白>デイライトの位置)
バンパーを留めている箇所
(赤>ビス 黄>簡易リベット 白>デイライトの位置)

 デイライトを付けたいと思って、ライトは購入済みなのですが、振動で点灯という仕様にどうも納得できません。(配線が簡単なので最悪それでも良いかなと思ったのも事実ですが、せっかくなのでいろいろトライしてみましょう。)駐車中に揺れると勝手に点灯してしまう。たとえばタワー型の駐車場とかに入れるとずっと点いてるかもしれないしね。(滅多にそんな機会無いんですが)

 と言うことで、仕様は、以下のように決定。
  電源はACC電源から取る
  スモール点灯時には消灯(減光がいいかなぁ)する
   (リレーを使う)

 そのため、エンジンルーム内にACC電源とイルミ電源(スモール点灯)を用意する必要があるのです。イルミ電源はポジションランプから取っても良いのですが、ACC電源がエンジンルーム内にないので運転席下のヒューズボックスから電源を引っ張ることになるので、イルミ電源もついでに引っ張ってみることにした。

 本当はエンジンルームと室内の間にある既存のグロメットを利用するのがよいらしいが、要領がわからないので、むかーしやった方法でエンジンルームに線を出してみた。
 運転席のドアを目一杯開けでタイヤハウス上あたりの隙間から針金を通すとエンジンルームに針金が出てくる。その針金を捕まえてケーブルの端を絡め針金を引き戻して完了(^^; 後はドアを密閉するゴムや内張を剥がして室内にケーブルを引き込み、見えないようにカバーしながら、運転席下のヒューズボックスに持ってきた。

 5極のリレーをエンジンルームに取付て配線。イルミ電源オンの時には、抵抗が入るようにしておく、これで減光する。

 バンパーをバリバリッと外し、(ちょっと勇気がいりました)デイライトを両面テープで取付、裏の配線を簡単に留めて、試験点灯!どうも接続を間違えたのか上手く点灯しませ~ん(^^;もう一度確認。リレーへの接続がおかしかったようです。無事点灯。スモールを点灯するとデイライトは減光してくれます。接続はOKのようです。

 バンパーを元通りにして、(これが心配だったけどなんとかなった)無事終了。おーめでたしめでたし(^^)

 写真撮る余裕がなかった。今度バンパー外したときは撮ります。

 今後はスイッチを着けるかどうかだな(^^)

SPIKE君近況 モビリオのワイパーコントローラーに交換(5/21)2006/05/22 22:44

ワイパーコントローラー(標準装備品)2006年5月22日撮影
ワイパーコントローラー(標準装備品)2006年5月22日撮影

 関東地方は週末になると雨が続きましたねぇ。そこで、気になったのがSPIKE君のワイパー。間欠ワイパーのポジションがあるのだけど間隔を調整できない。かといって設定されている間隔ではちょっと使いづらいのである。

 11年ぶりの新車SPIKE君には、ABSに助手席エアバックが標準装備だと驚かされたが、間欠ワイパーの間隔が調整できないようだ。

 前車のアコードワゴンならふつうに出来ていたのに、、、と言うことで、WEBで調べてみるとモビリオのワイパーコントローラーがそのまま取り付けられるとのこと、このコントローラーには間欠ワイパーの間隔を調整する機能がついているのである。早速注文し(税込み5250円)、納品されたので取り付けてみた。

 ●ハンドルの根本を上下から覆っているプラスティックのカバーを外します。
  ハンドルのチルトレバーをゆるめハンドルを上にあげる
  下側のカバーにある三つのネジを外す。
  (運転席を一番後ろに下げて作業すると少しは作業しやすいと思われる)
  ネジを外したらカバーを上下に外す。

 ●次に現在着いているワイパーコントローラを外します。
  左ワイパーコントローラを止めているネジ二つを外す
  (このときドライバーが使える位置にハンドルを回しておく)
  ワイパーコントローラーに差し込まれているコネクターを外す
  (プラスチックのコネクターの爪を押さえながら外す)
  ワイパーコントローラーを横にスライドさせて外す
  (ワイパーコントローラーには丸い出っ張りが正面に着いており、
  それが本体側の穴にポチッとはまって止められている。
  外すときにはその出っ張りを少し押してあげることにより
  横にスライドし簡単に外れる)

 ●モビリオ用のワイパーコントローラーを取り付けます
  ワイパーコントローラーを横にスライドさせて取り付ける。
  (先ほどの丸い出っ張りがカチッとはまることを確認)
  ワイパーコントローラーにコネクターをはめ込む
  (爪がカチッとはまることを確認)
  左ワイパーコントローラをネジ二つで止める。

 ここで動作確認をすると良いだろう。

 問題がなければ、後はカバーを取り付けて終了。かみ合わせの爪を折らないように気をつけてください。(私はすでに一本折りました(^^;)

SPIKE君近況 Moduloフロントグリル交換(5/13)2006/05/22 20:35

フロントグリル交換後 2006年5月13日撮影
フロントグリル交換後 2006年5月13日撮影

 純正のフロントグリルはピカピカしていて気に入らないので、moduloのフロントグリルに交換することにした。

 注文してからいい加減時間がたったので、ディーラーに行くがまだ来ていないという。Moduloのだよと念を押すと、無限を見てたとのことで、該当品はすでに来ていた。

 30分くらいで交換できるというので、今後の参考のために作業を見させていただくことにした。この件、快くOKをいただいた。

 ボンネットを開け、フロント側のみ機械(これもジャッキって言うの?)で持ち上げ、これからバンパーごと取り外すとのこと。簡易フックみたいなものとネジを外す。バンパーを外すときには、もう一人を呼んで二人で皮を剥がすようにバリッと外していた。バンパーに着いているフォグランプの配線コネクターも一緒外したようです。

 取り外したバンパーにはフロントグリルも付いているのでまずそれを外し、新たなフロントグリルをバンパーに装着。付属のスポンジをポジションランプ側面に貼り付け、当たりをカバーしているようです。

 新しいフロントグリルが付いたバンパーを先ほどとは逆の手順で取り付けます。応援を求め二人で取付たあと、簡易フックとネジで止め、フォグランプが点灯するのか確認して完了。

 設備がそろっていると簡単に見えてしまいますね(^^;

 交換後のSPIKE君、なかなか良い感じです。

Spike君 1ヶ月点検2006/04/04 08:10

DOOVウインカードアミラーカバー装着(自宅前)2006年4月4日撮影
DOOVウインカードアミラーカバー装着(自宅前)
2006年4月4日撮影

 4/3納車からちょうど一ヶ月。梅を見に行ったりしたので、既におよそ1400kmを走行。ディーラーで無料1ヶ月点検をして貰いました。 ついでにオイル交換(有料)も

不具合が2点あったので指摘。
 1.ETC車載器の取付が不十分。
  >取付直して改善
 2.荷室に潤滑油らしきシミが数カ所ある。
  >拭き取り、並びに右側の蓋を交換

納車時に注文したDOOVのウインカードアミラーカバー装着。
(本体\27,300 工賃\12,285)

 ちょっと心配だったのは、ドアミラー「カバー」ということ。既存のミラーの上に被せるわけでボテッと感がどのくらいかなぁと気になっていたのだが、うーん、まぁ、こんなものでしょうかね。言われなきゃわからないけど、そう言われればそうかもって感じ(^^;許容範囲内。

 もうひとつ後方からの視認性も気になるところなのですが、これが意外に良かったので一安心。

 こうなるとあとは擦らないようにしないとなぁ~(^^;

 少々高かったけど、(自己)満足度も高い(^^)

いちご狩りと偕楽園2006/03/21 07:08

いちご狩り園 (上 鉾田市内)偕楽園の梅(下 水戸市内)2006年3月19日撮影
いちご狩り園 (上 鉾田市内)
偕楽園の梅(下 水戸市内)
2006年3月19日撮影

 SPIKE君の慣らし運転で行ったいちご狩りと偕楽園の梅。

 いちご狩りは、この時期900円で時間制限無し。日曜日のお昼となると、いちごも残り物なんだろうけど、大粒の真っ赤な甘いのがたくさんあるんですよ。品種は「とちおとめ」。練乳もちこみもOKだけど、そんなのいらないくらい。

 次は大洗を通って日本三大名園の一つ偕楽園へ、大洗ではアウトレットモールが前日開店車を止めるところがなぁーい。周囲の道路はがらがらなので茨城県人みんなが来ているようだ(^^;大洗の大きな海を目の前に見て、内陸の水戸へ、道を知らないと思って、このカーナビの案内ちょっと変?かなり遠回り。偕楽園のせいか水戸への道は意外に混雑。タイミング良く駐車場にも駐められ(1日500円)いざ偕楽園へ。うへー、風が凄~い。息ができないくらい。そんな風にもめげず梅はしっかり咲いていた。過去に来たことがあるはずだが記憶が、、、あれだけの庭園を無料で公開なんてすばらしい。

 すぐ脇を常磐線が通っており、臨時駅の偕楽園はこの期間営業中のはず。フレッシュ日立が強風の中疾走していった。

 そのあともウロウロし結局、約460kmを走った。燃費は14km/l。慣らしにしては高速をとばしちゃったかな(^^;同じ色の新型SPIKE君も見かけたし、カーナビの機能の発見もあったし、偕楽園のあとの「けんちんつけ蕎麦」もうまかったし、通算走行距離1000km突破で充実の1日で慣らし運転終了です。