KATO先頭車用DCCデコーダーFL12を4桁アドレス(LongAddress)で使用する時の注意点2012/09/12 02:33

FL12
KATO先頭車用DCCデコーダーFL12を4桁アドレス(LongAddress)で使用する時の注意点

FL12に2桁アドレス(ShortAddress )を設定し使用する場合は付属の説明書通りである。
しかし、4桁アドレスを設定する場合、付属の説明書に書かれていない設定をしないと、
期待通りの動作をしない。それはCV29の設定である。コマンドステーションによっては4桁アドレスを指定すると同時にCV29を書き換えるものもあるのかもしれないが、、、

CV29
02 2桁アドレス アナログOff 前進
03 2桁アドレス アナログOff 後進
06 2桁アドレス アナログOn 前進 初期値
07 2桁アドレス アナログOn 後進
34 4桁アドレス アナログOff 前進
35 4桁アドレス アナログOff 後進
38 4桁アドレス アナログOn 前進
39 4桁アドレス アナログOn 後進


CV29 重さ 機能 初値 設定 0 初値 設定 1
bit0 1 方向 前進 後進
bit1 2 ヘッドライト制御 14段速度 14段速度以外
bit2 4 電源 アナログ不可 アナログ可
bit3 8 直接対話 対話不可 対話可
bit4 16 速度テーブル
bit5 32 アドレス方式 2桁アドレス 4桁アドレス
bit6 64 予約
bit7 128 アクセサリデコーダ 車両用 アクセサリー用


4桁アドレスにするということは、bit5をonにする必要がある。つまりこの場合初期値6にbit5の重み32を加算し38となる。


CV08
08 を書き込むことでリセット、初期値に戻る。

JMRIでデコーダーの設定をする場合、種類(モデル)をFL12と指定するとリセットがグレーアウト、ならびにCV29の変更ができない(これはJMRI側で改善した方がいい)ため、簡易的にEM13デコーダーと指定することで、リセットとCV29の変更が可能となり。必要な設定をする。(FL12は書き込みは可能だが読み出しができないので、書き込み結果を見ることはできない、なので一度リセットしてから必要項目の変更が望ましい)

KATOのFL12説明書には、
初期アドレス値:03(設定可能範囲01~9983)
とあり、その数行下には、
CV番号 初期設定値 機能 数値の範囲または設定値の例
CV01 03 2桁アドレス 01~127
とある。

間違いがあるわけではないが、、、4桁アドレスを指定した場合正直悩んだ。

自分用の設定備忘録である。

Vista環境でgeocaching.com上のjavaが動かない(自分メモ)2009/03/03 21:37

send to gps 画面
send to gps画面

2008年暮れ、続けざまにモノが壊れました。ここを参照。
いろいろありましたが、メインマシンも更新。

2003/7/20購入の 

マザー ABIT IS7
CPU Pentium4 2.40C GHz FSB 800MHz、HT対応
メモリ 512MB*2
OS

そろそろどうなのって気はしていたのですが、Vistaの評判悪いしWin7まで持てばいいかと思っていた矢先、壊れました。たぶん電源からマザーに逝ったような。
このタイミングでは秋葉でパーツ集めは面倒だし、初のショップブランドを購入。興味津々で今更ながらVistaマシンにしてみました。Web上でポチッ。
届いたのは、

マザー FOXCONN G31MX
CPU Core2 Quad Q8200 4 MB L2 2.33 GHz 1333 MHz
メモリ 1GB*2
OS

ウイルス対策ソフトなど使ったことがないのですが、おまけの体験版を動かしてみます。

で本題、不具合現象としては、

geocaching.com cacheディテールからのgoogle map右上印刷ができない。
  (1回目はOK、独立して表示されるウインドウ右上印刷が効かない)
send to gpsが動かない。Garminの最新のplug-inでダメ。
  (GPSr確認画面が出てこない)

以前のXPでは問題なしでしたし、Vistaでも当初は動いていたようなのだが、あるときからこの現象発生。どうもjavaが絡んでいるようなので、Vista java 不具合 で検索すると、、、らしいのが出てきました。

http://ent.blog39.fc2.com/blog-entry-105.htmlの引用です。
「その解決法は、
  vistaの コントロールパネル(クラッシック表示) から
  ユーザーアカウント → ユーザーアカウントの制御の有効化または無効化で
  ユーザーアカウント制御(UAC)を使ってコンピュータの保護に役立たせるの
  チェックボックスのチェックをはずす
  でコンピュータを再起動させる」


これで、印刷もデータ転送も解決。

でも、ウイルス対策ソフトは起動時に文句を必ず言ってくるのがうるさいけど、、、
この辺の理屈は下記で、
http://hehao1.seesaa.net/article/33313268.html

と言う自分メモ。

Colorado 300 USB接続時の電源2008/03/31 19:34



USB接続時は、USBから電源が供給されているのですね。

電池がなくなっても画面が写っているので、今更ですが気がつきました。
ま、常識ですね(^^;

Colorado 300 (初ジオキャッシングはFTF! しかし、)2008/03/18 22:34

ちょっと変なColoradoの画面
ちょっと変なColoradoの画面

帰宅後、近くにcacheが公開されたらしい。よく見ると我が母校の隣。これは行くしかない。Colorado300にデータを落としただけで、いざ出発。
eTrexHも一応持って行く。土地勘があるつもりで現地に着いたが、変化について行けず、Uターン。ちゃんと駐車場に車を置くことにします。

さて、Colorado300出動です。ふむふむ、(写真左)サイズはsmallね。さて方向はと、optionでfull screen compassだ。(写真中) しか~し、どうも案内の矢印出ません。どうして?仕方ないので写真左の矢印をあてにして、これならeTrexH持ってくれば良かった。(車に置いてきてしまったのでした)色々いじっていたら、こんな画面(写真右)が出てきました。この画面矢印出ればなかなか便利画面かもね。

というわけで、懐中電灯とColorado300もってうろうろ、、、怪しいところに手を入れてみると、、、ビンゴ! でした。ログは真っ白でFTF!(^^)

Tama_walkerさん、ありがとうございます!

自宅に戻って、Field Notesも試してみました。これ、found数が多いときに便利そうです。TOSYさんも書いていたけど、GGコラボ(Gurandspeak & Garmin)にまんまと、、、って感じがしないでもありません(^^;

それにしても、Colorado300君矢印はどうしたんでしょう。うーん、何か設定を変えてしまったのでしょうか、、、

追記
分かりました。コンパスの矢印が出ない理由。
CommpassのCalibrationができていなかった。

うーん、初歩的原因だなぁ。
初めての電子コンパスだし、仕方がないね(^^;

Colorado 3002008/03/17 23:59

Colorado 300 と eTrec H
Colorado 300 と eTrec H

米国Garmin社ハンディGPSrの新製品Colorado 300
先月、欲しいと書いたばかりだが、便乗させていただくという、無理をお願いして、意外に早く、手にする事ができた。
Colorado 300の機能など詳細レポートは、無理をお願いしたTOSYさんが詳しく書いてくださってますので参照お薦めです。

TOSYさんのブログ

ここでは、自分がやった記録、あくまで自分メモ。

○電池は eneloopを使用(単三x2)
 バッテリータイプを合わせます。
 setup 、system、Battery Type NiMH

○Update
 >Colorado 300 Updates & Downloads
 >eTrex H Updates & Downloads
 >Garmin Communicator Plugin

○付属USBケーブルで接続
 PCからはColorado本体とSDカードがそれぞれ別のドライブとして見える

○ファームウエア更新
 2008/3/15 購入時はver2.3。
 2008/3/16 ver2.4 にupdate

○WebUpdater
 >WebUpdater Page

 WebupdateするとGPSrを探しに行くときにマシンがリセットされるので、
 直接updateしている。

 08/03/18 再起動後WebUpdatorを起動したところGPSrをうまく探し、
        最新状況であることを認識できた。
        今後はこれで更新をしてみよう。

○UUD社製地図導入セットアップ
 同梱のMapSource Trip & Waypoint Manager をinstall。
 MapSourceの最新バージョンをDownloadし、install。
 MapSourceの日本語化もしてみた。Downloadし、install。

 MapSource
 MapSource 日本語化

○壁紙追加変更

○液晶画面保護シート貼り付け
 ザ・ダイソーの大きめサイズを切って貼り付け。
 3インチでワイドサイズがあれば流用できそうだが、
 ワイドサイズがない。
 ちなみに2.8インチワイドはeTrexHにjust fit!です。

○同梱のカラビナクリップ
 一度付けると外すのに難儀する。
 電池交換などを考えると付けられない。
 からくりはいいと思うのだが、精度が今ひとつ?
  >次のブログColorado300(カラビナクリップ調整)で解決。



 

Colorado 300 (電源設定)2008/03/17 23:56

電源設定
電源設定

Eneloopを使用するので、

右ボタン(Shortcut)
SETUP
SYSTEM
Battry Type
NiNH

となる。

Colorado 300(WayPoint編)2008/03/17 23:56

Map画面で決定ボタン長押しでWayPoint登録。
Map画面で決定ボタン長押しでWayPoint登録。

WayPointの編集がやりにくい。
eTrexHでは見えていた座標値が、修正をするときに部分的にしか見えない。
座標値の平均を取る機能はどこにあるのでしょうか?これから?