KATO先頭車用DCCデコーダーFL12を4桁アドレス(LongAddress)で使用する時の注意点2012/09/12 02:33

FL12
KATO先頭車用DCCデコーダーFL12を4桁アドレス(LongAddress)で使用する時の注意点

FL12に2桁アドレス(ShortAddress )を設定し使用する場合は付属の説明書通りである。
しかし、4桁アドレスを設定する場合、付属の説明書に書かれていない設定をしないと、
期待通りの動作をしない。それはCV29の設定である。コマンドステーションによっては4桁アドレスを指定すると同時にCV29を書き換えるものもあるのかもしれないが、、、

CV29
02 2桁アドレス アナログOff 前進
03 2桁アドレス アナログOff 後進
06 2桁アドレス アナログOn 前進 初期値
07 2桁アドレス アナログOn 後進
34 4桁アドレス アナログOff 前進
35 4桁アドレス アナログOff 後進
38 4桁アドレス アナログOn 前進
39 4桁アドレス アナログOn 後進


CV29 重さ 機能 初値 設定 0 初値 設定 1
bit0 1 方向 前進 後進
bit1 2 ヘッドライト制御 14段速度 14段速度以外
bit2 4 電源 アナログ不可 アナログ可
bit3 8 直接対話 対話不可 対話可
bit4 16 速度テーブル
bit5 32 アドレス方式 2桁アドレス 4桁アドレス
bit6 64 予約
bit7 128 アクセサリデコーダ 車両用 アクセサリー用


4桁アドレスにするということは、bit5をonにする必要がある。つまりこの場合初期値6にbit5の重み32を加算し38となる。


CV08
08 を書き込むことでリセット、初期値に戻る。

JMRIでデコーダーの設定をする場合、種類(モデル)をFL12と指定するとリセットがグレーアウト、ならびにCV29の変更ができない(これはJMRI側で改善した方がいい)ため、簡易的にEM13デコーダーと指定することで、リセットとCV29の変更が可能となり。必要な設定をする。(FL12は書き込みは可能だが読み出しができないので、書き込み結果を見ることはできない、なので一度リセットしてから必要項目の変更が望ましい)

KATOのFL12説明書には、
初期アドレス値:03(設定可能範囲01~9983)
とあり、その数行下には、
CV番号 初期設定値 機能 数値の範囲または設定値の例
CV01 03 2桁アドレス 01~127
とある。

間違いがあるわけではないが、、、4桁アドレスを指定した場合正直悩んだ。

自分用の設定備忘録である。

MRR 75-year collection 1934-2009 DVD2011/12/22 07:42

MRR 75-year  collection 1934-2009 DVD
円高なので、かなり前に予約でポチ、していたのが、少し前に届きました。DVDで3枚。少々時間がかかりましたがFULLでインストール。
英語がかなり不自由なもので、基本写真を見て楽しんでおりますが、情報量は相当なものです。
翻訳ソフトに突っ込みたいので文字選択ができるとありがたいのだが、それができないのが残念。でも、そんなことしてたらとても見きれないと言うのも事実。

第7回国際鉄道模型コンベンション2006/08/23 22:47

三日間レイアウト(インテックス大阪)2006年8月11日撮影
三日間レイアウト(インテックス大阪)2006年8月11日撮影

 三日間レイアウト

 開催期間の三日間でレアウトを作るという試み、今回はアメリカのビル・バンタ氏が、2400×1000の台枠にOn30のレイアウトを製作。初日と二日目の朝、拝見しただけですので、白い固まりの状況が最後でしたが、見事に完成したそうです。

 作成状況はネット上のwebカメラでも紹介されておりました。前回作成されたレイアウトはKATOホビーセンターに展示されていますので、あ、大阪のホビーセンターでの展示かもしれませんね。

第7回国際鉄道模型コンベンション2006/08/23 22:41

二代目会長ロングおじさんこと吉村光夫さん<br>(インテックス大阪)2006年8月11日撮影
ロングおじさんこと吉村光夫さん
(インテックス大阪)2006年8月11日撮影

 主催は日本鉄道模型の会(Japan Association of Model Railroadersの頭文字からJAM)。詳細はこちら。前会長は元TBSアナウンサー、ロングおじさんこと吉村光夫さん。中学の時に購入した蒸気機関車のLPレコードのナレーションをされてました。

 今年、元米国マイクロソフト副社長の古川享さんが就任されています。

 初日会場を歩いていると、吉村さんを発見、気さくに世間話をさせていただき、写真を撮らせていただいた。大阪大会に大勢人が来るか心配されていたが杞憂だったようで、良かった(^^)

2008/9/3 「初代会長は癌研有明病院化学療法科消化器担当部長の水沼 信之氏です。」とのコメントを頂きました。関係者にお詫びするとともに記事を訂正させていただきました。

2009/1/26 「JAMの公式コメントとしては、初代会長は吉村氏です。」とのコメントを頂きました。 私には判断できませんので前会長という表現にさせていただきます。関係者にお詫びするとともに記事を訂正させていただきました。

第7回国際鉄道模型コンベンション2006/08/22 23:12

餘部鉄橋(インテックス大阪)2006年8月11日撮影
餘部鉄橋(インテックス大阪)2006年8月11日撮影

 背景の幕を挟んで両側に季節の異なる餘部鉄橋が存在したのには驚いた。
 この鉄橋も実物では架け替えが予定されている。

第7回国際鉄道模型コンベンション(大阪)2006/08/22 21:48

第7回国際鉄道模型コンベンション(インテックス大阪)2006年8月11日撮影
第7回国際鉄道模型コンベンション 隣はサマーソニック
(インテックス大阪)2006年8月11日撮影

 今まで東京で開催されていた国際鉄道模型コンベンション。7回目にして大阪開催となった。実は東京で開かれているときには行って無かったのです。

 今回は、特攻野郎Bチームの赤ガマさんに声を掛けていただき、行ってみることに。お盆時期ですので、回数券など通常のお得な切符は使えないので乗車券に往復割引を効かせておきました。

 青梅線、中央線、東海道新幹線、大阪環状線、地下鉄中央線、ニュートラムを乗り継ぎインテックス大阪に到着。東京で言うビックサイトですね。隣はサマーソニック会場、翌日と翌々日は鉄ちゃんとロック野郎のコラボが見もの(^^;

 会場限定品が多数販売されているのですね。行列にビックリ。本日はとりあえず赤ガマさんのブースへ。思いのほか広い会場の一番奥の方にブースはありました。相変わらずしっかりした作りです。今回の発見は通電確認のため線路にLEDを埋め込まれているのです。これナイスなTIPSです。

 モジュール一式、東京からワゴンで運んだそうです。ご苦労様でした。(^^)

 特攻野郎Bチームのブース(第7回国際鉄道模型コンベンション)2006年8月11日撮影
特攻野郎Bチームのブース(第7回国際鉄道模型コンベンション)2006年8月11日撮影

 

特攻野郎BチームDCC公開運転会2006/04/15 23:51

2階建てのレイアウト(ホビーセンターカトー)2006年4月15日撮影
2階建てのレイアウト(ホビーセンターカトー)2006年4月15日撮影

 特攻野郎Bチームメンバーの赤ガマさんにご紹介いただいたDCC公開運転会を覗いてきました。

 食卓レイアウトも展示され、運転されていました。運転されていて気がついたのですが、ホームの屋根にも照明がし込められており、暗い場所での効果は抜群だろう。

 メンバーの中村さんにこの2階建てのレイアウトを上下分解して戴き撮影させて貰った。上の線路用に二枚の金属板を使用した接点が設けたり凝った作りになっています。バラストも丁寧に敷かれており、とても綺麗にまとめられているのには感心いたしました。

 今回は、A4を長く二枚並べた大きさのレイアウトが印象深かった。コンパクトながらも、ヤードも設置でき運転する楽しみもある様に感じた。

2階建てのレイアウト 1階(ホビーセンターカトー)2006年4月15日撮影
2階建てのレイアウト 1階(ホビーセンターカトー)2006年4月15日撮影

2006年4月15日撮影
2階建てのレイアウト 2階(ホビーセンターカトー)2006年4月15日撮影

横長のレイアウト4月15日撮影
横長のレイアウト(ホビーセンターカトー)2006年4月15日撮影